Mac対応DLP

"Macからの情報漏えいを防止 ファイル転送とデバイス利用を制御・監視"

Endpoint Protectorのデモをお申込みいただき、ありがとうございます。
後程担当者からご連絡差し上げます。
ご要望に合わせた無料カスタムデモ
詳しくは担当者よりご連絡差し上げます。



有効なメールアドレスを入力してください。
世界中で数千のクライアントに導入
Fortune 500企業、大学、政府、銀行、メディアなどあらゆる規模、業種への導入実績。
導入事例
1
最も進んだmacOSのためのDLP
2
簡単、すぐ使えるDLPシステム
3
フレキシブルな導入と拡張性

Mac対応DLPソリューションです。企業におけるデータ保護のニーズ、DLP要件を満たし、企業内Macのセキュリティ対策において、システム管理者の負荷を軽減します。

コンピューター、ユーザー、グループ、部署ごとの強力なポリシー設定で、リムーバブルディスク/オンラインアプリケーション/クラウドなどへのファイル転送をレポートします。

データ損失、持ち出し、漏えいを防止し、コンプライアンス要件を満たします。

個人情報、クレジットカード番号、社会保障番号を保護するために、PCI DSSやその他のコンプライアンス要件を満たすソリューションが必要な場合、DLPソリューションによるmacOSエンドポイントの保護が不可欠です。

企業規模にかかわらず、情報漏えいの発生や漏えいのもたらす深刻なダメージを考えると、情報管理/監視/保護は不可欠です。偶発的なデータ喪失や意図されたデータの持ち出し、漏えいはMacでもWindowsでも起こりえます。

Mac対応DLPの機能

1
Mac対応機密データポリシーの作成
2
機密データ転送をスキャン
3
未承認のデータ転送を停止
4
アクションレポートやEメールアラート

主なベネフィット

Mac、Windowsに共通のソリューション

様々なOSが混在する環境において、すべてのコンピューターをデータ損失から保護し、ネットワーク上の一貫性のないポリシーによる潜在的な脅威を削減します。

機密データフローの制御

Endpoint Protector DLP for Macは、キーワード、事前定義済みのコンテンツ(クレジットカード番号、社会保障番号など)、ファイルタイプなどをベースにしたコンテンツフィルターにより、「誰」が「どの通信手段」を経由して、「いつ」機密データを転送したかを追跡します。ポータブルストレージデバイス、Webブラウザ、Eメールクライアントなどの出口ポイントからのファイル転送やコピー&ペーストなどのアクションを監視します。

内部不正からの保護

悪意のある社員や意図しない操作など、DLPはMacからの疑わしいデータ転送を追跡し、コンテンツの詳細検査によって、情報漏えいを防止します。

詳細レポートとグラフィック

レポートと分析セクションは、ダッシュボードと同様、機密データ転送について詳細な情報を提供します。データ転送の制限を最適化したり、エグゼクティブ向けレポートの生成、情報漏えいの際のエビデンスとしても利用できます。