DLP(情報漏えい対策)ソリューション

"DLPリーディングベンダーとして10年の実績。中小企業から大企業向けのオンプレミス本格DLP(情報漏えい対策)ソリューション。デモを申し込む"

Endpoint Protectorのデモをお申込みいただき、ありがとうございます。
後程担当者からご連絡差し上げます。
ご要望に合わせた無料カスタムデモ
詳しくは担当者よりご連絡差し上げます。



有効なメールアドレスを入力してください。
世界中で数千のクライアントに導入
Fortune 500企業、大学、政府、銀行、メディアなどあらゆる規模、業種への導入実績。
導入事例
1
ガートナー マジック・クアドラント受賞DLPシステム
2
30分で設定完了
3
"CC(コモンクライテリア(ISO/IEC 15408))*認証取得 (*情報セキュリティ評価基準の国際標準)"

DLP(情報漏えい対策)の必要性

外部からの攻撃や内部不正の脅威は避けることができませんが、情報漏えいや紛失は防ぐことができます。コンテンツとコンテクストを認識するDLPソリューションは機密情報を含んだファイルの転送を監視・制御します。また、USBストレージデバイスの使用/不使用、強制暗号化などを管理します。最善を保証するために、これらすべてのアクションを最も危険な攻撃ポイントであるエンドポイントレベルで実行します。

Endpoint Protector はユーザーの日常業務を邪魔することなく、クライアント/サーバ アーキテクチャでクロスプラットフォームDLPを提供します。管理者は、使いやすいWebインターフェースからサーバーにアクセスでき、クライアントはエンドユーザーにベストなユーザーエクスペリエンスを提供しながら、最小限のフットプリントを実現しました。

当社のDLP(情報漏えい対策)ソリューションは、4つの基本エレメントを提供します。それらすべてを同時に使うことで、Windows、macOS、Linux エンドポイントや、iOS、Androidモバイルデバイスを保護する強力なDLPソリューションを形成します。

最先端DLPのための完全統合スイート製品

"当社DLPソリューションの4つのコンポーネントは、単独利用が可能です。全てを統合して、漏えいや紛失、持ち出しから貴社のデータを守ることもできます。"

コンテンツ認識保護

貴社の機密データがデバイス、クリップボード、アプリケーションやオンラインサービス、スクリーンキャプチャなどでコピーされるなどしてネットワークの外への流出を防止します

デバイス制御

USBやその他のポータブルストレージデバイスを管理し、強力なセキュリティーポリシーを強制適用することで、重要データとネットワークの健全性を保護します。

リムーバブルストレージの暗号化強制

転送中に機密データを暗号化し、Windows、macOS、Linuxコンピュータのどこからでもアクセスできるようにします。

eディスカバリー

機密データを発見、暗号化、削除。手動、または自動スキャンでコンテンツやコンテキストを詳細に検査。

クロスプラットフォームDLP(情報漏えい対策)

DLPソリューションは、Windows、macOS、Linuxとシンクライアントに対応。

Windows
macOS
Linux
シンクライアント

柔軟な展開

ネットワークサイズ、アーキテクチャ、プリファレンスにかかわらず、中小規模から大企業までDLPは有効です。使いやすく、手ごろな価格のDLPです。Endpoint Protectorは、オンプレミスだけでなく、各種クラウドサービスのいずれにも展開可能です。

ハードウェアアプライアンス

わずか数クリックで、Windows、macOS、Linuxワークステーションの情報漏えい防止のためのポリシーを定義できます。主要なアプリケーション、DropboxやWebブラウザなどのクラウド、Webアプリケーションからの情報漏えいを防止します。

バーチャルアプライアンス

Endpoint Protector バーチャルアプライアンスは、あらゆる規模の企業で使用できます。VMX、PVA、OVF、OVA、XVA、VHDフォーマットに対応し、主要な仮想化ツールと互換性があります。

Amazon Web Services

Amazon Web Servicesユーザー向けに、Endpoint Protector バーチャルアプライアンスをEC2インスタンスとして提供します。

100%クラウド-マネージド

"クラウド上でポートやUSBデバイス、機密データやモバイルデバイスを管理することは、IT専門家がいない組織でのネットワークの集中管理を実現する最適なソリューションです。"

あらゆる業種のデータセキュリティニーズに対応

機密データの保護についての各業界の独自の要件があります。コンプライアンス、またはユースケースドリブンのいずれであっても、業界のデータ保護のニーズに対応する実績があります。

ヘルスケア
教育
製造
金融
メディア